こんにちは。
沖縄、奄美は梅雨入りしてますが、もうすぐ梅雨時期ですね。
雨が降るとなかなか大変なのが革製品の対策ですよね。

雨に濡れちゃうとシミになったり変色、色落ちや水ぶくれの原因にもなっちゃいますよね。

そこで今回は雨対策として防水スプレー(ウォーターストップ)のご紹介!!

防水スプレーにも実は種類があったんです。
「シリコン系」と「フッ素系」の2種類
何が違うのかというと
シリコン系は全体に幕をするタイプなので通気性がなくなる。
フッ素系は繊維に細かく付着するタイプなので通気性は損なわれない。

なので革製品には「フッ素系」が最適!!
昔、無知だったかころシリコン系の方が安くて量も多かったので
シリコン系を買って使っていたんですが革をダメにしてしまっていた事に反省してます(/ω\)

【スプレーの使い方】
まず防水スプレーは体にいいものじゃないので外や換気がいいところで使いましょう。匂いが臭いのは有害ですようってわかるようにしているらしいです。

スプレーの使い方ですが、防水加工をする革アイテムの汚れやホコリをブラシや布でとります。まず目立ちにくいところで試しください。
約20~30cmほど離して全体にムラなく2.3秒吹きかけます。
乾くのを待ってをそして同じ感じで2~3回ぐらいしましょう。
いっぱいかけた方が効き目ありそうですが2.3秒でいいみたいです。

乾いたらきれいな布で拭きましょう。
スエード素材はブラッシングして毛並みをそろえてあげてください。

これで防水ボディーになって水を撥いてくれます!!
動画でコーヒーやコーラーをかっこいい感じで試している動画がありました。ほんまに!!みたいにつるつる滑ってますんね、ほんとに水がコロンとなっちゃいます。

使用する頻度ですが、よく使うものなら2~3日に1回が理想らしいですが、
マメじゃない僕は雨の日出かける1時間前にシュッとして乾かして出かけます。

 

おすすめの防水スプレーはこちら
スペイン製のTARRAGO(タラゴ)のナノテクノロジーが駆使された
ナノプロテクター

ドイツのCollonil(コロニル)防水透湿素材にもお勧めのオールマイティー防水スプレー
UVプロテクション